Apple Watch Series 5 レビュー7日目「デメリット!Apple Watchのここがダメなところ!」

管理人 おるか

今日でApple Watchを手に入れて1週間!

今回はApple Watch Series 5のダメなところ、改善すべきところを取り上げてみます!

はじめに。Apple Watch Series 5のレビューについて

現在、毎日連続してApple Watch Series 5をレビューしています。

いろんなアプリを使いながらApple Watch Series 5を使いこなしていきたいと思っています!

全てのレビューに目を通していただけると嬉しいです!

過去のレビューはこちら

Apple Watchのダメなところ、デメリット

値段が高い!

Apple Watch Series 5の値段は1番安いアルミニウムケースで42800円から。

やはりまだまだ普及できていないデバイスでこの値段は高すぎると思います。

もちろんAppleも普及させたいと考えているためか、Apple Watch Series 3は19800円から販売しています。

ぼくの個人的な考えからいうと、Series 3とSeries 5は画面の大きさから違い、型落ちな感じがより強く出ます。

インフォグラフなどの文字盤も使用できないです。

もし買うのであれば、Apple Watch Series 4以降ではないでしょうか?

ちなみに値段は高いけど、ぼくはApple Watch Editionのチタニウムケースを購入しています。

Apple Careにも入ったので、10万円を軽く超えています(笑)

バッテリーがもたない

これは以前から言われているので、ご存知の方も多いと思います。

Apple Watch Series 5は公称で18時間となっており、24時間もたないです。

実際には1日以上もつ印象ですが、時計としては致命的なもたなさ具合ですね。

時計以上の性能があるため、しょうがない部分はありますが、それでももう少しバッテリーがもつようにして欲しいです。

対応しているアプリが少ない

Apple Watchが普及しない1つは、対応しているアプリが少ないことも大きいと思います。

実際に使用していても、アプリは少ないと実感します。

これはアプリの開発を促してもらうしか方法がないところですね…

Apple初心者向けではない

Apple製品は説明書がほとんどないため、実際に使って慣れていく必要があります。

Apple Watchに関しても、同様なことが言えて、触って慣れていかないといけません。

iPhoneは普及したので、みんな感覚的に使えていますし、まわりにも使っている人が大勢いるので、分からないことがあってもまわりに聞くことができます。

Apple Watchの普及はまだまだで、まわりにも使っている人が少ない状況。

わからないことは自分で調べて解決する必要があり、困ることが多いと思います。

Apple Watchのみでできることが存在しない

Apple Watchは最新のSeries 5を含め、Apple Watchじゃないとできないことがありません。

iPhoneがあれば、めんどくさい部分はありますが、できてしまいます。

Apple Watchしかできないことが今後出てくると面白くなるとは思うのですが…

7日目の総評: Apple Watchのデメリットもたくさんある

ぼくはApple製品は大好きで、そんなぼくでもApple Watchは全員にオススメできるものではないと思っています。

やはり使い方が大切で、iPhoneで全てのことができるので、オススメできるのは頻繁にiPhoneを見ることができない方とかでしょうか。

Apple社も少しずつ改善をして、いつかは万人受けできるようになってくれるといいなと思っています。

これからもレビューを続け、Apple Watch Series 5の良いところ、悪いところを伝えていけたらと思います。

また過去のレビューも見ていただけると嬉しいです。

おすすめの記事