こんにちは、ふー(@dr_fooooo)です。

ぼくは医師(小児科専門医、日本医師会認定産業医)であり、このブログでは主に医療にまつわるお話をしています。

今回は胃腸炎のお話。

胃腸炎の質問は、クリニックや病院で勤務していて、いつもよく聞かれます。

ママ1
「吐き気止めの薬を使って、胃を空っぽにして、吐き気が治まるのを待つのが一番」と言われたけど、本当なの?食べたがっているんだけど…

ママ2
吐き気止めの薬って効くんですか?使ってもはいてますけど…

など、吐き気・嘔吐、制吐剤(吐き気止めの薬)について、今回の記事で整理しようと思います。

急性胃腸炎とは?

こどもたちがよくかかる胃腸炎について。

クリニックなどでわかりやすく「おなかの風邪」とも言われています。

急性胃腸炎とは、前触れ無く腹痛や嘔吐、下痢などが起こる病気で、主に細菌やウイルスに感染することで発症します。

感染源は食事や水、ペットなどいろいろあり、感染経路が不明という場合も少なくないです。

急性胃腸炎については、別途記事にする予定です。

つらい吐き気・嘔吐の症状

胃腸炎でつらい(しんどい)症状は間違いなく「嘔吐」だと思います。

ぼくが胃腸炎にかかった時もしんどいのは嘔吐です。(小児科医は患者からうつされることも多いです。)

吐いてしまうと、もっとも困るのが水分摂取(もちろん食事も摂れない)が十分にできなくなることです。

また、嘔吐はまわりを汚すこともあり、患者本人やお父さん・お母さんの心理的な負担にもなるかと思います。

嘔吐や吐き気を少しでも改善させようと、クリニックや医院、病院では「吐き気止めの薬(制吐剤)」を処方されます。

吐き気止めの薬(制吐剤)って効果あるの?

よく出されるナウゼリンとプリンペラン

まず吐き気止めの種類について簡単に説明したいと思います。

クリニックで処方される吐き気止めの薬(制吐剤)の多くは、

  • 「ナウゼリン(ドンペリドン)」
  • 「プリンペラン(メトクロプラミド)」

だと思います。

どちらの作用も、ドーパミン受容体に作用し、吐き気を止めるとされています。

ですが!

実は科学的根拠はありません。

なんとなく昔から出されている薬なのです…

しかも、長期の使用は錐体外路症状(手が震えるなど)といった副作用もあるので、できれば使用したくないです。

効く吐き気止めの薬!「ゾフラン(オンダンセトロン)」

ゾフランという薬を聞いたことがありますか?

おそらくほとんどの方がないと思います。

こちらの薬は抗がん剤の吐き気止めで使われています。

抗がん剤って「ゲーゲー吐く」イメージがあるかと思います。

そのイメージを大きく変えた薬の1つです。

ぼくは通常、小児がんの患者さんを治療しているのですが、これを使っていると、抗がん剤の投与や放射線治療を行っても、嘔吐は本当に少ないです。

他にも強力な吐き気止めの薬も使っていたりしますが、がんの患者さんはここ最近本当に嘔吐しないです!

で、このゾフラン(オンダンセトロン)に関しては、胃腸炎に使用した論文があり、効果があるとされています。(PLoS One. 2016 Nov 23;11(11):e0165441.)

でも残念ながら日本では急性胃腸炎に適応がなく使えません!

安全性は確立している(小児がんのこどもには使っている)ので、あとは有効性だけかと思います。

そのうち使えるようになるといいですよね。

製薬会社さん頑張ってください!

効く吐き気止めの薬は使えない。じゃあどうやって対処するの?

胃腸炎の対処方法は以下になります。

水分とミネラル(塩分)と糖をしっかり補充しましょう!

水分の経口摂取が基本的な治療になります。

忘れがちなのが、糖分!

こどもは低血糖になりやすく、糖分の補給が行われないとケトン体という、気持ち悪い成分が溜まっていきます。

お茶やお水を飲ませるのではなく、アクアライトのような水分や糖分、ミネラルを含んだ飲み物を飲ませてあげましょう!

飲ませ方のコツは、少量(スプーン1口)から開始して、5-10分おきに徐々に飲む量を増やすやり方が安全です。

「点滴をしてほしい!」はもしかしたらかわいそうなだけかも!

胃腸炎になった子のお父さん・お母さんから「点滴をしてほしい!」と言われることが時折あります。

点滴に栄養が入っていると考えているお父さん・お母さんが多いためだと思われますが、通常の外来の点滴は、経口補水液と同じ成分でできています。

そのため、ほとんどの胃腸炎は経口補水液で対応可能で、点滴が必要になる子は、ごくわずかです。

点滴は痛みを伴う処置であり、できれば避けてあげたいものなので、医師から提案されない限り(脱水がある場合以外)は、経口補水液を飲ませてあげましょう!

嘔吐物の対処

ウイルス性胃腸炎の一部はアルコール除菌が効かないので、次亜塩素酸が含まれている消毒薬を使用した方が良いです。

ぼくの家は毎年胃腸炎が流行する冬場に向けて、1本購入しています。

まとめ

急性胃腸炎は、こどもにとっても、お父さん・お母さんにとっても大変な病気です。

嘔吐は24〜48時間程度で改善することが多いので、経口補水液を使ってしっかり水分補給をしていきましょう!

点滴は脱水が強い場合(医師から勧められます)のみ行いましょう!

アクアライトは常に家にストックしておくと便利です。

ぼくも常にストックしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事