ふー

こんにちは、ふー(@dr_fooooo)です。

今回のお話は、ぼくがプロポーズした時のお話!

ぼくは付き合って2年たってプロポーズしました。

いろいろプロポーズについて、ネットで探していました。

本当はこういうことをやるキャラではないのですが、やらないと一生言われそうなので(笑)

せっかくのプロポーズ、ラグジュアリーホテルのリッツカールトン東京が良いのではないかと思い、ネットで予約。

担当の方とメールをして、いろいろ対応していただきました。

今回は、準備から決行までをまとめました。

値段、メールのやりとりは2016年に行ったものです。

現在と価格が違う可能性があるので、参考程度としてください。

プロポーズの場所、リッツカールトン東京!

インターネットで調べると、いろいろな人がいろんなところで、プロポーズをしています。

東京ディズニーランドのシンデレラ城の前、東京ディズニーシーのミラコスタ、東京ディズニーランドホテル、横浜、船の上(クルーズ)など。

多いのは、
おしゃれなレストランや自宅なんでしょうか。

ぼくもいろいろと検索をして、悩みました。

最終的にたどり着いたのが、ザ・リッツ・カールトン東京でのプロポーズ!

夜景が綺麗だし、なにより最高級のラグジュアリーホテル!

おもてなしも問題ないからです!

ホテルの予約は一休で!

僕は予約する際は一休で行ないました。

リッツ・カールトンのような高級ホテルでもリーズナブルな値段で予約できるので、よく利用しています。

プロポーズなので、リッツ・カールトンでもクラブフロアという専用のキーが入れない上層階を予約!

値段は週末であったこともあり、12万円ほどしました。

予約する際にプロポーズで利用予定と書いたところ、次の日にリッツ・カールトンからこんなメッセージが…

スクリーンショット 2016-03-31 20.58.45

メールの内容
この度は大切な一日のご滞在にザ・リッツ・カールトン東京をお選び下さり誠にありがとうございます。
ゲストレコグニションの〇〇と申します。
ご滞在に先立ち、何か私共でお手伝い出来ることはございますでしょうか。
宜しければ、お花束(3,240円~)やベッドの装飾(8,640円~)ケーキ(3,568円~)シャンパン(8,921円~)などのご手配も承っております。その他にも、〇〇様のご計画されていることやご不明な点などございましたら、ぜひお気軽にご連絡下さいませ。

予約した翌日からこんなメールが届くとは思っていませんでした。

ゲストレコグニションという部門があるのもさすがですね。

ここから何度かメールのやり取りを行ないます。

ベッド装飾、花束、ケーキなどを準備!

メールで、どういうプランにするかをやりとりしていました。

ベッド装飾

告白の際にベッドにバラの花で絵や文字を書いてくれるという提案があり、もちろん利用する事にしました。

スクリーンショット 2016-03-31 21.12.58

メールの内容
ベッドの装飾は、バラの花びらでハートマークもしくは、「WILL YOU MARRY ME?」の文字をお作りするアレンジでございます。
ご料金はハート型で8,640円、文字で19,440円でございます。

ぼくはハート型の方が良いと思い、そちらを選択。

花束とケーキ

これもいろんなタイプがあり迷いました。

メールの内容
花束は一番小さいものがちょうど花嫁さんがもつようなブーケくらいの大きさでご料金3,240円、
その一回り大きいものが5,400円、更に大きいものが10,800円でございます。
またケーキは、イチゴのショートケーキはお二人用のサイズで3,568円
ムースカシスケーキが3,823円
ムースショコラケーキが3,823円
でございます。
チョコレートプレートでメッセージもお付け致しますので
ご希望の際はお申し付け下さい。

花束はブーケより大きいものを、ケーキは王道のショートケーキにしました。

すべて夕食の外出中にセッティングしてくれるとのことでした。

プロポーズ当日

まずは予約したお部屋!

image

こんなかんじで、東京タワーが見えるお部屋を予約しました!

夜だとこんな感じ!

image

夕食後のお部屋は?

お願いした通りになっていて、ぼくがまずびっくりしました(笑)

image

image

image

そしてプロポーズ

きちんと気持ちを伝え、OKをいただきました。

まとめ

さすがリッツ・カールトンです!

初めて宿泊したのですが、部屋のクオリティ、スタッフのきめ細かさもあり、今後も利用します!

一生に1回のプロポーズ。ぼく自身もこれ以上ない満足感でした。

リッツ・カールトンをリーズナブルに利用するには一休がおすすめです。一度使ってみては?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事