こんにちは、ふー(@dr_fooooo)です。

ぼくは医師(小児科専門医、日本医師会認定産業医)であり、このブログでは主に医療にまつわるお話をしています。

今回は医療の話ではなく、クレジットカードのお話。

ぼくは医師になって、はや数年、お金にも余裕が出てきました。

医学生の頃は、地方で1人暮らし…

お金にも余裕がありませんでした。

そのため、クレジットカードに興味はなく、テキトーに作っていました。

今思うとすごくもったいないことをしたなと思ったので、今回記事にしています。

医学生のうちからどんなクレジットカードを持った方が良いのか?

必ず持っておくべきなのは航空会社のクレジットカード!

JALが発行しているJALカードとANAが発行しているANAカードがありますが、ぼくはJALカードがおすすめ!

医学部は学生のうちから忙しいと言われますね。

けど、長期休暇はしっかりあるし、海外旅行や国内旅行に行きます!(学年が上であればよりわかるはず!)

その分が全てマイルになるんです!

マイルってそんなに貯まる?となるかもしれませんが、年に1回、海外旅行(東京-台北)と国内旅行(東京-那覇)に行くと、(旅行パッケージで50%しかつかないとしても!)6年間で約14,000マイル貯まり、韓国の往復がタダできちゃうんです!

医学生
マイルって有効期限あるんじゃないの?

実は学生の間、マイルの有効期限がないんです!

普通の大学より長い6年間をメリットにできます!(ちなみにANAカードも学生中はマイルの有効期限がありません。)

地方の医学部であれば、帰省分もマイルにできます!

医大生
マイルだけなの?

ぼく
マイルだけじゃなくて、色々なメリットもたくさんあるよ!

海外旅行で必要な旅行保険がついていて、またスカイメイトという飛行機代が安くなるメリットもあります!

さらにクレヒスが磨ける!

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、クレジットカードにもランクがあります。

ゴールドカードやプラチナカードって聞いたことありますよね。

学生のうちは関係ないですが、医師になってからはゴールドカードやプラチナカードはステータスとしても効力を発揮します!

ちなみにぼくはJALカードのプラチナ所有しています!

医師になってからは、国内・海外の学会や出張でマイルがどんどん貯まって(しかも費用は病院持ち)、上級会員(JAL GLOBAL CLUB)にもなれるので、学生のうちから必ず持っておきたい1枚です!

ちなみにぼくは昨年からJAL GLOBAL CLUBに加入しているため、さきほどのJALカードには、プラチナと上級会員が両方ついています。

医師仲間からは「ちゃっかりしているな」言われています(笑)

けれど、そんなぼくもJALカードは学生時代持っていませんでした。

今考えると相当もったいない!

ちなみにクレジットの提携はどれがいいの?

JCB, VISA, MasterCardなど種類がありますが、ぼくはJCBがいいかなと思っています。

理由としては、将来プラチナカードを持つようになったとして、JALカードJCB プラチナだと、THE CLASSというJCB(プロパーカード)の最上位のカードとほぼ同等として扱ってくれるからです。

ほかのVISAやAmerican Expressなどのプロパーカードは、同等として扱ってくれません!

JALカードのJCBプラチナの場合は、専用コンシェルジュ(宿泊手配や新幹線、飛行機、チケットの手配など電話1本で全てやってくれます)なども共通です。

また、今の時代、apple payなどでSuicaも使えるので、あえてSuicaがついているクレジットカードを作る意味はないと思います。

JCBだけでは海外旅行は微妙。VISAをつくろう!

JCBの場合、アジアではそれなりに使えますが、それ以外の地域だとあまりJCBカードは使えないです。

なので、ヨーロッパやアメリカ、ハワイなどに旅行する方はVISAを作っておくのが良いかと思います。

VISAはプロパーカードを作ることをオススメします(将来のステータスのために)。

もちろんこちらも学生カードがあり、年会費はかかりません。



まとめ

医学生のうちからクレジットカードを考えて持っていた方が良いです。

必ず必要なのは、航空会社のクレジットカード。ぼくのおすすめはJALカードです!

もちろんANAカードでも問題ないと思います。

今なら最初からマイルももらえるみたいなので、ぜひ作成してみてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事